グリモアを継ぐもの

桃丸の鍵取りに付き合った結果,マリオ学者も74になりました.

旬を過ぎてしまったのですが,シュルツ先生が気になりすぎるので,限界突破クエ行ってきました!

 

よくよく考えたら,獣人で学者っていないんですよね.学者の証は過去ロンフォのオークがドロップするとのことなので,行ってみましたらサクッとゲット!

 

証を握りしめて.

現代のザルカバードへ向かいます.

いきなりシュルツ先生が登場!

やっぱり,あの時死んではいなかったのですね.

しかし,てっきり偽物の死体を本物と思い込ませるような式を使ったのかと思ってたのですが,仮死の式を使っていたらしいです.つまり,その後ムクリと起き上がったんですよね・・・?そして周囲の人がビックリするのを見て楽しんでいたんでしょうね.シュルツ先生の性格の悪さが大好きだ!

 

さて.

ではシュルツ先生の最終講義に向かいます.

 

相手はシュルツ先生ですからね・・・!

ちょっと緊張しながら,机上演習して黒グリモアして黒の補填して・・・

 

マリオのエアロIIIからスタート!

で,すぐに連環計してメルトンして・・・る横で,

シュルツ先生「ふふ,やりますね・・・」

シュルツ先生「ふふ,やりますね・・・」

 

シュルツ先生も連環計してきた・・・!

と思った直後.

シュルツ先生「残念ながらここまでですね」

シャントット様「なんて他愛ないんでしょう!

 

エッ・・・

まだ始まって20秒くらいしか経ってないけど・・・!

 

って,よくよく考えたら,これ限界突破クエですもんね・・・

そういえばシーフの限界突破の時も,一瞬でマートをシャントット様が沈めてたのを思い出しました.シャントット様,限界突破クエでの空気の読めなさには定評があります.

レベル74だったらソロで挑んでみてもよかったかなー・・・とも思いましたが,終わってしまったので・・・

本題!気になるシュルツ先生のお話を聞きます.

シュルツ先生は・・・人間やめてた人でした.

ヴァナディールには割とそういう人いると思うんですけどね.シャントット様とかシャントット様とか.しかし自ら宣言した人はいなかった気がします.

 

シュルツ先生はその昔,軍学者として数々の戦術を考えていたのですが,その全てを実行する前に命が尽きてしまいます.そこへ現れたのがビフロンス卿,あの黒い影ですね.永遠の命を与える代わりに,この世を遊戯盤として自分と対局をする,という契約を交わしてしまいます.

つまり,シュルツ先生は,シュルツII世と名乗っていますが,I世も自分だったと.

そして,世界で起こっていた戦乱の数々で,シュルツ先生とビフロンス卿は世界を遊戯盤に見立てて遊んでいた・・・

 

うわ.なんかこれは思いもしなかった事実です.

マリオとリリゼット達が奮戦しまくったジュノ攻防戦とか,過去ウィンダスの防衛戦とか,オズトロヤ攻城戦とか,あれも全部シュルツ先生はどこかで見ていて,駒を動かしていたんでしょうか.まさかカラハバルハ達まで駒の一部だった・・・?

そう考えると,シュルツ先生って,誰よりもすごい人なのでは・・・

しかし,先生がどちらの陣営を担当していたのかわかりませんが,上手い具合に勝ったり負けたりしてくれたものだと思います.

 

そして,20年前のウルブレヒトの事件の後,軍学者は危険な存在と見なされ,戦闘が終わると同時に本は焚書され,追放され,捕縛され・・・徹底的に弾圧されてしまったようです.

マリオは,20年の時を経た最後の門下生.

 

先生から「グリモアを継ぐもの」として認めてもらえました.戦闘であんまりグリモア見せる機会なかったですけど,それは今回は考えないことにします.

シュルツ先生は,不老不死ってことは,今もどこかで盤に向かっているんでしょうね.

またどこかで会いたいものです.

 

マリオの場合は,「行先知後」になることが多いのですが!

「知行合一」を目指して,グリモアをめくり続けたいと思います.

学者AF3 真紅のグリモア

学者AFの続きです.連続してますが,ストーリーが気になるんだから仕方ない!

 

前回の最後,ナグモラータに連行されていったアイリーンさんですが,ひとまず解放されたようです.

ナグモラータは,今は戦時だから軍学者が必要だけど平時になったらオマエラ居場所ないぞ,とか言ってたらしいですが・・・今回は壁ドンしなかったのかなーニヤニヤ,とか考えてしまいます.

 

ナグモラータはともかくとして.

ウルブレヒトはやっぱり一連の失踪事件の犯人確定のようなんですが,その動機というかきっかけが,マリオが届けたシュルツ先生からの手紙なんじゃないか,というアイリーンさん.

ひとまず先生を見つけて,って言われますが.

先生,また行方不明ですか!もうコルモル博士に頼んで変な人形でも付けとけ!

 

で,先生をまた探しに行かないといけないのですが,その前に.

バスにいる学者の先輩に話しかけたら,なんだそのアンバランスな服装は!恥ずかしい!と言われまして・・・

うん.そうじゃないかと自分でも思ってました.

バスにいるのにウィンダスの礼服+短パン+スニーカーですからね.

 

先輩の研究用の素材集め手伝ってくれたら制服を手配してくれるというので,各地回って素材集めて制服貰いました.ミニスカ!ミニスカ!

 

さて.

シュルツ先生の手がかりを求めて,前に先生が隠れてた所へ行ってみますと,封書が落ちてました.

 

アイリーンさんのところへ戻って一緒に読んでみると,間違いなくシュルツ先生が書いたもの,とのこと.

内容は・・・

生血を糧とする真紅のグリモア,のこと.

これをシュルツ先生が書いてウルブレヒトに渡した,となると,やっぱりウルブレヒトの暴走はシュルツ先生の差し金・・・?

真の大典は,退魔の秘石とやらが溶け出した源泉へ行け,とあり,ウルブレヒトはそこにいる可能性が高そうです.

 

アイリーンさんが源泉はグロウベルクの滝の近くの洞窟じゃないか,というので行ってみます.

おお・・・滝だ!マイナスイオーン!

 

滝の下にも入れました.水中から月を見上げるなんて,なかなか風流じゃないですか.

そしてフェンリルは水中に潜れたんですね.さすが神獣です.

 

マリオだけ水から顔を出して,フェンリルは水の中ー

などというアホな遊びを繰り返していたのは,フェンリルの肺活量の限界を探っていたわけではなく,目的の洞窟がさっぱり見つからず迷子になって途方にくれていたからです.

 

やっと見つけたー!!

滝からは地図上は近いけど,グルッと大回りしないといけない場所でした.ふ・・・

 

洞窟の中へ行くと,やっぱりウルブレヒトがいました.

もしかしてシュルツ先生が悪いかもよ?と言ってあげたいんですが,問答無用で戦闘開始!

 

学者AFクエで初戦闘ですね.連環計してメルトンからスタート.

 

ヴァレンラールさんが飛び上がり・・・

 

ザイドさんも髑髏を背負って,全力でいきますが・・・

 

ウルブレヒト,強いな・・・!

結構,ギリギリですよ?

 

しかし,最後はシャントット様の大技が炸裂しました.

バッ,バカな・・・!?というウルブレヒト.うん,その気持ちはわかる.

 

やられたハズなのにお約束のようにしつこく足掻くウルブレヒトですが・・・

真紅のグリモアを開こうとした瞬間,そのグリモアに呑まれてしまいます.

 

そしてやっと現れるシュルツ先生.

先生・・・ウルブレヒトを助けないってことはやっぱり・・・

 

やっぱり・・・!

黒い影と何やら親しげに話しています.

十数年かけた大手合というのは,ウルブレヒトのことですかね?兵を引くとか指運とか,将棋かチェスに見立てて,ゲーム感覚でウルブレヒトを操っていたということでしょうか.

 

そして,近いうちに会いましょう,と言って消えていくシュルツ先生なんですが・・・

 

直後にナグモラータ達が現れると,そこには先生もウルブレヒトと一緒になって倒れている・・・?!しかも,死亡が確認された,って.

んんんん???

さっき消えた先生は?黒い影の偽物?

AF3まで進めたというのに,やっぱり謎のままのストーリーなんですが・・・

 

古墳に戻ってアイリーンさんに報告します.

アイリーンさん,報告を既に受けていたとはいえ,シュルツ先生もウルブレヒトもいなくなってしまったというのに,随分と前向きでした.強い人だ.

 

で,シュルツ流軍学エルディーム塾の最後の卒業生として.

帽子を貰えました.本当にこれ,卒業帽子だったんですね.

 

眼鏡もセット!マリオが賢そうに見える!

 

ともあれ.

学者AFは揃ったのですが,どうやらお話の続きは学者限界突破クエに持ち越しのようです.これはやるしかないですね!

学者AF2 暗転

うっかり始まった学者AFクエですが,ストーリーの続きが気になって進めてみました.シュルツ先生は何者なのか!

 

今回は,アイリーンさんの太ももシーンからスタート!各地で連合軍の魔導士が行方不明になっているそうで.数十人規模の行方不明って大事件じゃないですか.

その調査のための会議がサンドリアで開かれるので,アイリーンさんの変わりに出席してきて欲しい,と言われました.

 

早速サンドリアへ向かいますと,各国からの軍学者が勢揃い・・・のハズなんですが,一人足りないようです.ウィンダスから来るはずのフェンさんがまだ着いていない,と.

この時期に連絡もなく遅れてるってのは何かあったのでは・・・ということで,ウィンダスからサンドリアまでの道筋を捜してみよう,ということになりました.

 

ソロムグあたりまでは無事来ていたみたいですね.

というか!

行方不明のフェンさんってネコ学者!!マリオが学者AF着たらどうなるのかな,と思ってましたが,これはイイじゃないですか・・・!

何としても探し出してあげないと!

 

途中報告に行ったアイリーンさんからは一人では行動しないように,と言われていたんですが,やっぱりここでも皆バラバラで,一人取り残されてしまいました・・・

周囲を探ってみよう,とシステムからも言われたので,探ってみます.

 

それっぽいところを調べたら,何やら陣があったようで・・・?

 

地中にのみ込まれて,別の場所へ・・・

 

で,そこにいたのは,ウルブレヒト・・・?と,後ろに倒れているのは,仲間のエル学者・・・?

???

え?

って思っていると,ウルブレヒトがとんでもないことを言い出しました.

グリモアの真の力を引き出すために,魔導士の血を本に吸わせていた・・・と.

つまり.

今までの一連の失踪事件の犯人,コイツか!!

シュルツ先生だと思ってたのに!!ゴメン先生!!

 

しかも,ウルブレヒトは,救助隊の仲間まで全員殺してしまったようで,次はマリオの番・・・

 

というところで,突然,マリオとウルブレヒトの間に光?闇?のような何かが盾となって,ウルブレヒトの帽子を吹き飛ばしました.

このまま戦闘かと思いきや,帽子を残して去ってしまうウルブレヒト.

 

アイリーンさんのところへ報告に戻ります.

あのバカ・・・って,ちょっとニヤニヤな感じ?いやでも,そんな悠長なことを言っている場合ではないですよね.

的確に今後の支持を出すアイリーンさんですが.

 

そこへ現れたのはナグモラータ?!

オマエ,本当にどこでも出てくるな!もうナグモラータが出てきた時点で,全部コイツのせい,と思ってしまうのですが.でもアルタナミッションでもそうでしたが,この時点ではまだナグモラータは比較的真面目に働いているだけなんですよね.壁ドン以外.

 

で,アイリーンさんは一連の事件の説明をするために連行されてしまうのですが,直前にスカラーブレーサーを渡してくれました.

むーこんなに続きが気になるAFクエは初めてです.

アルタナ関連のお話はミッションといい過去クエといい,ナイスストーリーが多いですね!